ドッグフードを決めよう

ドッグフードの保管方法

ドッグフードをきちんと保管しないと劣化してきます。人間も腐ったものや品質が落ちたものを食べると具合が悪くなるのと同じで、犬も劣化してドッグフードで体調不良を招くことがあります。では、どのようにドッグフードを保管したらいいのでしょうか。

 

ドライフルーツの場合は直射日光を避けて、温度と湿度の変化が少ない涼しい場所に保管します。夏場は室温が高くなるので注意が必要です。できるだけ1か月で食べきるようにしましょう。

 

開封したら封をしっかりとします。大量にある場合はジッパー付きの袋に小分けにして保管するとよいです。袋にシリカゲルを入れておくとさらによいです。

 

冷蔵庫なら涼しくて直射日光も当たらないので保管場所として最適な気がしますが、冷蔵庫での保管は避けてください。ドッグフードを出し入れするときに袋の内部が結露してエサに水滴がついて劣化が早くなります。

 

ウェットタイプも未開封のものは直射日光、高温多湿を避けて保管します。開封後はすぐに劣化するので、食べきれなかった場合は密閉容器に移し替えて冷蔵庫で保管します。冷蔵庫で保管する場合も、保管期間は1日までにします。できるだけ食べきれるようにしてあげましょう。

 

ドライフードとウェットタイプの中間のセミモイストやソフトドライもウェットタイプと同じように劣化が早いので、開封後は密閉容器に入れて冷蔵庫で保管します。健康の基本は食事です。劣化したものを食べていては犬の健康を守ることはできません。エサの管理は飼い主さんがしてあげなければならないことなので、保管方法に注意して質のよいフードを与えてあげましょう。