ドッグフードを決めよう

安全なドッグフードを選択するために

人間に飼育されている犬は、自らが食事を選択することができないため、人間から与えられる食事がすべてであり、犬にとっての健康そのものを左右されるといっても過言ではありません。

 

残念ながら、日本ではペットフードを規制する法律が存在するわけではないため、粗悪なドッグフードが市場に出回っていることも事実です。そうしたドッグフードを摂取し続けることで、アレルギーが発症したり、安全性に問題のある添加物が含まれていることから、ガンを発症したり、尿路結石などを起こしてしまうというケースもまれなことではありません。

 

犬にとって、メジャーなおやつであるジャーキーや半生のドックフードは、肝臓障害を引き起こすことがわかっています。さて、いったい犬にとって、どんなドッグフードが理想なのでしょうか。飼い主自らが、バランスのとれた食事を手作りすることが理想の一つではあるとは思いますが、毎食作ることと、必要な栄養素すべて網羅するのはとても大変なことで、現実的とは考えにくいことです。

 

ドックフードを購入する際にはチェックするべき項目が成分表をしっかり確認することがまず一つです。表示にミートミールと書かれているものは、人間の食べない肉を粉砕した粉で、衛生面・安全性に問題がある可能性があります。

 

また賞味期限が長いものは、添加物がその分多く含まれている可能性があるのでこれも避けましょう。そしてできれば穀物不使用のドッグフードを選択することをおすすめします。穀物は、ドッグフードのかさ増しに使われていることあ多く、アレルギーや消化器系の病気につながるのでできるだけ避けましょう。

 

ペットフードは、プレミアムフードを選択したり、ペットフードの規制の厳しい国の外国産のフードを選択するのも一つの選択です。開封した瞬間から、酸化が始まりますので、小袋包装をしてあるものや、小分けにしてシリカゲルなど湿気を防ぐものと一緒に保管し、カビのはえないよう保存するよう気を付けましょう。